Archive for the ‘自然エネルギーのこと’ Category

なぜ、境メガソーラーが止まったか

日曜日, 8月 6th, 2017

たあくらたあvol42に寄稿しました。
富士見町の境メガソーラーが、なぜ止めることができたのか書いてくれと頼まれたからです。

境メガソーラーの建設予定地は、生活水として利用している湧水が近くにあるため、これまでなんども開発の話があり住民の力で止めてきました。そういった背景があったので止まるべくして止まったといえるでしょう。ですから、他の地域で参考になるようなことはあまりありません。それでもこれまで住民がしっかりと自分たちの意思を示し、生活を守ってきたということは参考にすべきことだと思います。

いまの日本では自分自身の思いや意見を主張することは、わがままや自分勝手とみなされる傾向にあります。ですから、何かに反対するなんてネガティブな行動は嫌厭される傾向にあります。話し合う前から”代替案”を出すべきなどと言ってくる人もいます。
なぜ、企業が営利目的で開発しようとしていることに、こちらから代替案を出す必要があるのでしょう。妙に物分かりの良い、大人ぶっている人たちの意見は、無責任でしかないように思います。


*8月5日長野日報

先日、茅野市北大塩区の人たちが、霧ヶ峰に計画されている四賀ソーラーについての説明会の要望や、反対署名を集めるとの記事が掲載されました。四賀ソーラーができることで、土砂災害や湧水への影響が考えられる米沢・北大塩地区の人たちにとっては死活問題です。

こんな時行政は、みなさんが思っているほど力はありません。
民間が行う開発行為に対して、必要以上に干渉すると自治体が訴えられる恐れがあるためです。人任せではなく、自分の意思を伝えていく必要がある必要があるとお思います。

戦後、日本では政治はお任せで、経済振興中心で進んできました。
そのツケがまわってきたのか、今、憲法や安保、市民の意思を明確にしなければいけない場面が増えてきたように思います。民主主義が試されている状況にあると言えます。

自治とは、自らが治めることをいいます。
自分たちの生活を守るためには、臆することなく自分たちの意見を表明すること。
それ以外に方法はないと思います。

ふれあいフェスタ・2016秋

月曜日, 10月 31st, 2016

今週末は、自然エネルギー信州ネットSUWAで、ふれあいフェスタ・2016秋を開催します。

体験しながら、自然エネルギーを学べるイベントです。
今回はとくに役割もないので、たぶんペレットストーブの前で1日まったりしています。
(ぼくは、5日のみ参加です)

ぜひ、遊びに来てください。

16

17

野立て太陽光発電施設・自主規制

水曜日, 2月 3rd, 2016

2.3長野日報-

今日の長野日報一面トップ記事に、茅野市内の自治区である笹原区が、野立て太陽光発電施設の自主規制をするということが掲載されました。

長野日報 http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=36241

記事によると、”八ケ岳山麓に広がる田園風景を守ることで移住や定住を促進し、高齢化が進む集落の活性化を図る狙い。”だそうです。最近はソーラーパネルが景観を壊す迷惑施設として見られることが多くなったように思います。

去年末ごろに、自然エネルギー普及のためのシンクタンク?のような団体から、境のメガソーラーのことを話してくれと頼まれ東京に行ってきたのですが、その団体で調べた太陽光発電事業が住民と対立している理由のトップは”景観”だそうです。その後、防災、地下水などの問題が続きます。

理由のトップが”景観”ということはちょっと意外でした。というのも、実はソーラーパネルがある風景は嫌いではないからです。3.11のあと、ヨーロッパなんかの田園の中にあるソーラーパネルや風力発電の風景はとても美しく思えたものです。
多くの人がそう思ったのではないでしょうか。

ぼくはいまの自然エネルギーが普及に、住民が関わっていないことに問題があると思っています。

自分たちの使うエネルギーを、なるべく環境に負荷をかけない自然エネルギーを取り入れようということならば、生活の中にあるソーラーパネルも風車も美しく見えるかもしれません。
多少眩しくても、風車の音がうるさくても、仕方がないと割り切って考えることができるのではないでしょうか。
それに住民が主体となって導入となれば、当然、景観には配慮するでしょうし、防災、生活水のことも考慮しながら設置するでしょう。

しかし、国は地産地消や地域の活性化といった視点よりも、マーケットを重視し自然エネルギーの普及を図りました。

先日、説明会があった霧ヶ峰のメガソーラーはあまりの大きさに自然環境への影響が懸念されています。なぜ、人口減少して経済が縮小されることが予想される中で、新たに自然を破壊して開発しなければいけないのか理解できません。地元の人たちなら、絶対に思いつかない事業計画です。
境メガソーラーに至っては、ぼくたちが使用している中電ではなく東電に繋ぎます。なぜ自分たちの関係のない施設のために土砂災害や湧水の心配をしなければいけないのでしょうか。

都会の企業が地域住民の生活に土足で入り込み、営利目的で自然破壊を行っているような現状では、太陽光パネルは美しくは見えません。ぼくは自然ネルギーは普及させるべきとの考えなので、とても残念な状況だと思っています。

自然エネルギーの普及に地産地消、地域の活性化の視点へとシフトするべきです。
そのためには、国、県、基礎自治体の役割は大きいと思います。

メガソーラーの林地開発許可申請

日曜日, 12月 20th, 2015

12.17長野日報
12月17日 長野日報

霧ヶ峰で計画しているメガソーラー建設の伴う林地開発の許可がおりました。
メガソーラー建設の伴う林地開発の許可が下りたのは県内初めてのことだそうです。

霧ヶ峰のメガソーラーとの記事でしたので、最初は200ヘクタール90メガの事業化と思いましたが、よく読むと16,5ヘクタール10メガ。どうやら別の事業のようです。
Googleマップの航空雨写真をみると、すでにメガソーラーは他にもあり、霧ヶ峰はソーラーパネルだらけになるのかと思うと、なんだかやるせない気持ちのなりました。

先日、霧ヶ峰の200haの事業に反対している女性リーダーに会いました。下流域の茅野市からは疑問の声が上がっていますが、肝心の諏訪市の人たちは無関心で困っているとのことでした。霧ヶ峰といえば、新田次郎の「霧の子孫たち」の舞台。産婦人科医の青木先生、考古学者の藤森栄一らが中心となってビーナスラインの建設に反対をして、コースを変更させた場所です。ぼくなんかから見ると住民運動の聖地のような場所なのに残念に思います。

日本の法律では農地は厳しく規制で守られていますが、なぜか森林に対しての法律は緩いように思わせます。国土の80%は森林のため、厳しくしてしまうと開発ができなくなってしまうからでしょうか。
しかし人口減少のこの時代に、なにも森林を切り開いてまでの開発が必要とは思いません。これから人口が減れば平場でも土地は空いてくるわけで、できるだけ次世代に自然環境は繋げていくべきだと思います。

県に要望書を出しに行った折にわかったことですが、県も森林の保護のため林地開発の許可申請を充実を考えているとのことでした。

具体的な改正ポイントは。
●林地開発許可の事前申請の手続き中、事業者の住民への説明手続きを再整理。
・説明をすべき住民の範囲の明確化
・事前申請で事業者に確認していた住民説明の様式化:事業者が住民に対して説明した内
容、住民の意見、地域住民の代表者の押印等を求めた様式(説明結果概要書)
・大規模事業に対して、開催することとしていた市町村、森林組合、事業者等による調整
会議の対象規模を50ヘクタールから10ヘクタール以下にしたこと。当該調整会議に学識
経験者と住民が参加できるようにしたこと
・林地開発許可の手続きを科学的、客観的に行うため、学識経験者の助言を得ること
・林地開発許可を行う際に締結する残地森林の協定を、環境全般に広げることができるよ
うにしたこと
・林地開発許可を行う時に、事業者に求める残地森林の管理に環境保全の観点を強化したこ

等です。

この改正は11月1日ですので、霧ヶ峰200haも境メガソーラーも対象となります。

さて、境メガソーラーの全町民対象の説明会ですが、未だに開催されないため再々度レノバ社へ催促の手紙を出したところ、以下の返信がきました。
一応やる気はあるみたいです。

12.11

電力自由化のなかでの太陽光発電

木曜日, 12月 3rd, 2015

img001
*12月1日信濃毎日新聞

先日の北杜市の事例による勉強会の後半は、江戸川大名誉教授の帆足興次先生に「太陽光発電導入の光と影〜電力自由化の流れの中で〜」と題して講演をしていただきました。
この日の勉強会は前半も後半も内容が濃いため、2回に分けて報告します。

来年4月から電力自由化になり電力会社は現在の10社から90社に増えるそうです。電力自由化になるにあっって、不安定な太陽光発電が増えていることを帆足先生は危惧していました。

電気はすぐに作ることはできないし、余った電気を捨てることができない。常に需要に対して供給を同時同量にしなければならないため、30分前に需要量を計算しどの電力を活用するか決めているそうです。

dat_oneday_pho_01
*中部電力HPより

電力には、それぞれの特徴があり原子力は電力の増減はできないため常にコンスタントに動かし、水力発電は5分で対応、石炭火力は、すぐに対応するためには常にアイドリング状態にして動かしていなければいけません。

太陽光発電は上記のグラフの上位に当たり、不安定にもかかわらず電力ピーク時を食ってしまった場合、安定的な電力の供給に多大な影響があるどろうとのことです。

また、不安定な太陽光発電が増えることで、いろんな発電システムを常にアイドリングしていなければならないわけですが、そのコストを回避可能費用として消費者が負担しています。
このことは2年前に富士見町が運営するメガソーラーに反対した時に、キャパシティコストとして将来発電事業者にかかるビジネスリスクの一つに挙げましたが、どうやら負担は消費者にかかってくるようですね。
2030年には、この回避可能費用は3兆円になると試算されており、国民一人一人にかかってくるわけですが、このことも考慮すべきこととして話していました。

不安定な太陽光発電ですが、日本のエネルギー自給率は6%しかなく、毎日100億円、毎年3兆6000億円の国費が流出しており、自然エネルギーをうまく活用していくことも必要となってきています。

必要なのはバランスのとれたエネルギーミックス。

しかし北杜市に進出している電力会社のホームページを見ると、老後の蓄えなど長期不労所得型資産運用のことばかりで、エネルギーの供給についてはまったく書かれていません。いまこそ、僕たちの生活に即したエネルギーについて考えていく必要があると思います。

さて、北杜市から二人の講師を招いて勉強会を行いましたが、エネルギーは僕たちの生活にとってとても大切なものであり、特に自然エネルギーは地産地消・地位の活性化などまちづくりの視点で考えていかなければならないということを、改めてそう感じました。