Archive for the ‘緑の党’ Category

緑の党・信州設立総会

月曜日, 5月 12th, 2014

きのうは緑の党信州の設立総会がありました。

緑の党は経済優先ではなく、環境優先の持続可能な社会を目指し2年前に結成をしましたが、「緑」の思想は70年代からそれぞれが独立した形で活動していたため、参議院選挙後に合流の可能性も考慮し支部組織を作らず、各地域の緑の党は連携団体(任意団体)として活動してきました。
しかし、本部と地域団体との関係がわかりづらいなどの理由から、2月に行われた総会で各地域に支部組織をつくることが決定。
これからは政治団体登録をして緑の党長野県本部として活動していきます。
名称はこれまで通り「緑の党・信州」です。

会の目的はグローバルグリーンズ憲章の6つの理念

   1.エコロジカルな知恵
   2.社会的公正 /正義
   3.参加民主主義
   4.非暴力・平和
   5.持続可能性
   6.多様性の尊重

そして、今後の活動は

   1.脱原発・脱被ばく・脱汚染
   2.リニア新幹線建設反対
   3.松枯れ対策のための農薬空中散布反対

松枯れ対策のための農薬空中散布については、現在調査や、勉強会などを実施、ブログでも紹介していますので、また見てください。

http://www.farm39.jp/category/森林への農薬空中散布のこと/

今は問題の中心は安曇野、松本、上田などとなっていますが、茅野、原、富士見でも松枯れ被害が広がりつつあります。
いまは空散をしていませんが、これからの対策を考えるため、諏訪地区でも勉強会を開催していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

農薬の空中散布問題

木曜日, 2月 27th, 2014

緑の党・信州主催で、農薬の空中散布を問題とした勉強会を開催しました。

松枯れを防止するために、森林に農薬を空中散布しています。
有機リン系の農薬は危険という事で、替わってネオニコチノイド系の農薬が撒かれていますが、このネオニコチノイド系農薬、だいぶ問題があるようです。

ネオニコチノイド系農薬とは、新しい(ネオ)、ニコチンと同様の(ニコチノイド)化学構造を持つ農薬のことで、神経を麻痺させるのが特徴。
神経が興奮すべきでないときに興奮し、伝えるべき信号は伝わらなくなり、方向感覚の喪失、短期記憶喪失、食欲の減退。                〜ハチはなぜ大量死したか

また浸透性農薬という特徴をもち、農薬が根や葉から吸収され作物全体に広がる性質を持ちます。
従来使用されてきた浸透性をもたない殺虫剤の多くは散布により農薬が葉などの表面に付着しても雨などで少しずつ落ちるが、この浸透性農薬は、ひとたび作物全体に内部から染みわたってしまえば、影響は長時間持続し洗っても落ちない。
                     〜新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす

欧米諸国では、ネオニコチノイド系農薬の一部を禁止、EUでは2008年12月より、例外を除き農薬の空中散布を原則禁止しています。
日本では、このような農薬を森林に空中散布をしています。

この日の勉強会は、まずミツバチの大量死をテーマにネオニコチノイド系農薬の危険性を訴えた「ミツバチからのメッセージ」を上映。
埼玉から制作者も駆けつけてくれました。

「この映画は、だからミツバチを助けようという映画ではない。ミツバチを通して人間や生態系にどれだけ影響があるのかをわかってほしい。」

とのコメントを頂きました。
ミツバチの大量死は、農薬だけではなく様々な原因が考えられますが、ネオニコチノイド系農薬の影響は大きいというのが最近の主流の考え方のようです。

映画上映の後は上田市の田口操さんさん、村山隆さんに話していただきました。

田口さんは、めまいや呼吸困難、痙攣がおこり、病院で農薬中毒と言われ農薬の解毒剤を飲む事で症状が解消。それまでは本当に生きていくのも大変だったと語ります。
上田市で自身が経営する保育園で、多くの子どもたちに同じような症状が発生。お母さんたちで”子どもの未来と健康を考える会”をつくり、行政に農薬の空中散布を訴えました。
佐久総合病院の名誉委員長の松島氏が協力、実態調査から子どもの被害と農薬との相関関係を実証。2009年、上田市は農薬の空中散布の中止を決めました。

脳科学者黒田洋一郎氏は、農薬の子どもの脳への危険性を説いています。子どもたちの多動が多くなった原因のひとつとも言っています。

村山隆さんは上田市で環境に係る市民団体「ヤマンバの会」事務局長で、田口さんたち活動を支えてきました。

村山さんは、そもそも松枯れの原因はマツザイセンチュウが原因ではないため、農薬を空中散布しても効果はないと言います。
酸性雨などの影響との事ですが、たしかに40年近く前から農薬を撒いていますが、まったく効果はありません。松枯れ被害は今でも西から東へ徐々に広がっており、西側はすべて枯れてしまったわけですから。

松枯れ農薬空中散布は昭和52年制定の「松くい虫防除特別措置法」を根拠としていますが、背景にはデータのねつ造があったことを9つの事例をもって説明していただきました。

たとえば

昭和49年山口県防府市の桑山:空散で被害ゼロ。しかし実際には上水配水池があったため、空散はしていない(県林政課証言)

昭和48年:実施の効果あり。しかし実際には空散は行われなかった(営林署証言)

などなど。
このことは当時の朝日、読売新聞にも取り上げているそうです。

ではなぜ、いまでも空散が続いているかというと、それは大きな利権が絡む”農薬ムラ”があるからだそうです。

現在長野県では駒ヶ根市、飯島町、豊岡村、筑北村、麻績村、生坂村、大町市、千曲市、坂城町で松枯れ予防のための農薬空中散布が行われています。

緑の党・信州では、調査・研究、市民団体を応援していく事で、このテーマを追っていきます。
また勉強会等の開催をしていきますので、よろしくお願いします。

.
.

当日の模様をユーストリーム配信をしています。
よかったら見てくださいね。

緑の党・東京http://www.ustream.tv/recorded/44140073

農薬の空中散布やめようプロジェクト

金曜日, 2月 21st, 2014

aaa
チラシはプチッとやると大きくなります。

松枯れ防止のために空中散布しているネオニコチノイド系の農薬は、人の脳や神経、生態系に悪影響が危惧されています。
ヨーロッパでは使用を禁止している国もあるのに、日本では生態系の源ともいえる森林に散布している自治体が多く存在しています。

ミツバチの警告を通して、環境や子どもの未来について考えていきましょう。

  2月23日(日)  13:00~
  松本市勤労福祉センター第4会議室
  参加費:500円
  主催:緑の党・信州

上田市は3年前、住民たちが声を上げ空中散布が取りやめになりました。
市民が声を上げていく事は大事です。
まずは、空中散布のこと、ネオニコチノイドのこと、生態系のこと、みんなで勉強をしていきましょう。  

多くの参加お待ちしております。

参議院選が終わって

火曜日, 7月 23rd, 2013

参議院選挙で緑の党は議席を取ることができませんでした。
特にここひと月は緑の党議席確保のため、県内は走り回っていただけに非常に残念な結果です。

今回緑の党が目指したのは有効投票数の2%、120万票、1議席でした。
これは政党要件を得るための目標で、政党要件は。

・直近の国政選挙で全国の有効投票総数の2%以上の得票
・政治団体のうち、所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を5人以上有するもの

政党要件があると、法律で認められたポスター・ビラ枚数や選挙カーの台数など別枠で認められます。
その他、政党要件がないと比例に候補者を立てるには10名以上候補者を立てなければいけない、個人以外から献金は受けられないなど、圧倒的に不利な条件で選挙に挑まなければいけません。

結果は45万票で有効投票数の0、9%と、目標には遠く及びませんでした。

ぼくは長野県の中の3区と4区が受け持ち、それと代表と一緒に長野県全体に携わっていたのですが、緑の党は都市部での支持者が多いということで、松本、塩尻を中心に力を入れてきました。
結果は松本、塩尻とも0、8%ぐらい。
それに比べ、ほとんどなにもしていない富士見1、8%、原村2、6%と検討したことは意外でした。
富士見町は比例で共産党が2位の民主党(1189票)に迫る1113票。保守的な地ではありますが、ある程度の革新票が取れる地なのかもしれませんね。

都市部での票が伸びなかったのはマスコミが諸派扱いをして、まったく取り上げてくれなかったことが大きな要因であると考えています。
各政党の政策一覧表もに一度も掲載されませんでした。

直前の朝日新聞(東京版)の一面に緑の党比例区の三宅洋平氏の渋谷での選挙フェスの航空写真を掲載したようです。多くの人が詰めかけた選挙フェス。しかしその下には各政党の最後の訴えはあるが緑の党も三宅洋平の名前もありません。
あれでは既存の政党の最後の訴えに大勢の人が集まったように解釈してしまいますよ。

政党要件はなくても確認団体として認められた団体です。有権者に対して公平に情報を流すのがマスコミの役割ではないでしょうか。

それにしても、あの低投票率にはがっかりさせられてしまいます。
3,11を経験した僕たちは、過去の手法に縛られているおじさんたちに任せないで、新たな価値観を模索し、新しい未来をつくっていかなければいけません。
選挙にいかなかった4割近くの人が政治に参加すれば、市民の声が届く政治に変えることができると思います。

まあ愚痴を言っていても始まりませんので、めげずにこれからも活動を続けていきます。
緑の党は国会議員はいませんが地方議員は約60名
ひとりひとりが地道に活動していけば、きっと世の中は変わっていくと信じています。

 

「緑の党」と「みどりの風」の違い

金曜日, 7月 19th, 2013

最近選挙で非常に忙しく、ブログの更新もおざなりになってました。

ぼくが応援しているのは緑の党。
でも仲の良い友達でさえ「緑の党」と「みどりの風」の違いがよくわかっていない人がいますので、ここで説明しておきたいと思います。

「みどりの風」は去年の7月に民主党と国民新党を離党した、4人の女性議員がつくった政党です。
そこに亀井静香氏や平山誠氏などが加わり現在の形になってます。
党名の「みどりの風」は、一つは環境、脱原発を表現した「みどり」であり、もう一つは55年体制以前に参議院で勢力をもった会派緑風会をイメージしているそうです。

「緑の党」は去年の7月に地方議員と市民とで緑の思想を実現するために結成されました。
世界の緑は1972年にタスマニアで森林破壊を食い止めようとした市民団体が、世の中を変えるのは市民活動だけではなく政治に参加しなければいけないというところから結成されたのが始まり。
現在90カ国に広まりグローバルグリーンズとして世界の緑の党のネットワークが形成され、脱原発で有名なドイツ緑の党もグローバルグリーンズに加盟しています。

日本の緑の党は、このグローバルグリーンズに加盟していて、世界のみどりから応援メッセージもきています。

日本の緑は2001年のキャンベラで開かれた「第1回グローバルグリーンズ」に参加したことから始まり、
みどりの会議→みどりのテーブル→みどりの未来を経て、ようやく緑の党結党となりました。

緑の党とみどりの風の決定的な違いは政治家がつくった政党と、市民と地方議員がつくった政党の違いではないでしょうか。

現在の選挙の仕組みは既存の政党に有利につくられています。

その一つは政党要件をもっている政党の名前の保護です。
公選法86条の7により政党要件のある政党の名称が優先的に保護されるため正式名「みどりの風」、略称「みどり」が登録されました。
そのため「緑の党」は正式名「緑の党グリーンズジャパン」、略称「グリーン」となりました。

わかりづらいなあ…

緑の思想を広めるため古くから活動していた団体なので略称「緑の党」も認められなかったことは残念でなりません。

もう一つは世界一高い供託金です。
参議院選の比例区に出るのは一人600万円の供託金が必要で、政党要件をもっていない新規、あるいは弱小政党は選挙区合わせて10名擁立しなければいけません。
要するに6000万円も用意しなければいけません。これは政治家と資本家以外は政治に参加するなと言わんばかりのルールです。

市民のカンパで成り立った政党は、初めてのことはないでしょうか。
厳しい条件ではありますが、ひとつひとつ過大をクリアし、地道な活動で緑の党の名も浸透してきました。

政治は政治家のためのものではなく、市民の手にもどすためがんばっていきます。

                         文責:佐久祐司    info@farm39.jp