富士見町の太陽光発電規制の条例(案)パブコメ募集

4月29日 長野日報

富士見町が、いよいよ太陽王発電事業を規制するための条例案を作成しました。現在、パブコメを募集しています。


「富士見町太陽光発電設備の設置及び維持管理に関する条例(案)」に対する住民意見(パブリックコメント)の募集について
http://www.town.fujimi.lg.jp/page/photovoltaic-public.html

先日、富士見町内の太陽光発電事業を考える会は、この条例(案)に対して意見書を提出して起案した。

ポイントは3つです。

・規制対象の規模
・禁止区域の設定(ゾーニング)
・住民同意の方法、関係住民の範囲

意見書提出後、担当課と1時間ほど意見交換をしてきました。担当課の考えも分かり、かなり考えられて作られたものだということも分かりました。

パブコメは5月6日まで募集しています。
多くの方の意見が出ればと思います。 

 富士見町太陽光発電設備の設置及び維持管理に関する条例案についての意見書      
                               平成31年4月26日
富士見町長 名取 重治 殿
                      富士見町内の太陽光発電事業を考える会
                      代表 佐久 祐司

 これまで富士見町内の太陽光発電事業を考える会では、太陽光発電事業の規制を含めた条例制定に向け勉強会を重ね町民の意見の集約を行ってきました。今回出された「富士見町太陽光発電設備の設置及び維持管理に関する条例(案)」は、残念ながら多くの町民が望む内容とはなっておりません。現在の問題は規制が緩和された50キロワット以下の低圧案件が、近隣住民の同意のないまま乱立していることが問題です。事実、富士見町内におけるFIT認定146件中の92件が50キロワット以下です。また、近年自然災害が多発しているため、土砂災害警戒区域への建設に不安を覚える町民が多くいます。この条例(案)では、50キロワット以下を非特定発電事業と緩和し住民同意は努力規定、禁止区域は急傾斜地崩壊危険区域と土砂災害特別警戒区域の2件のみ、現在の問題解決にはなりません。そこで「富士見町内の太陽光発電事業を考える会」では、以下の修正を提案します。
                   記

・第2条4,5項 特定、非特定に分けず、10キロワット以上で統一し規制する。近隣の茅野市
 や北杜市でも、50kWで規制を分けるような条例を検討していない。
・第2条6項 周辺住民の定義を事業区域の境界から100メートルとする。
・ 第5条禁止区域に土砂災害警戒区域、長野県景観育成重点地域、「信州ふるさとの見える
 丘」 認定箇所に影響が在る場所、を加える。
・「町長は、必要があると認めるときは、抑制区域を変更することができる」を加える。
・第8条3項 事業者は区と周辺住民の合意文書又は協定締結を義務規定とする。
・「町長は区と周辺住民の同意がないものは許可しない」を加える。
・第8条4項 「・・下流域の区・集落組合の同意を得なければならない」に変更する。
                                  以上



Leave a Reply