ODENのクリスマスパーティー

22日の夕方、中高生の居場所を考える団体ODEN(おでん)主催でクリスマスパーティーを行いました。場所は富士見に新しくできた公園「夢ひろば」の交流棟です。小学生や中高生、大人が約30人集まりました。

ODENは、富士見町に中高生の居場所をつくろうと有志5人が集まり運営しています。名前のODENは、それぞれ違う具から美味しい出汁がでて良い空間が生まれる。そんな思いでつくりました。最初は、こどもたちにとってどんな居場所が必要なのか、ああでもないこうでもないと話し合い気がつけば1年、そろそろ何かやろうということで今年8月に森のオフィスで第1回の「みんなのi-basyo」を開催しました。

サンドイッチバイキングでおなかいっぱいになった後は、大学生による大学生活の発表です。サークルでまちづくりを一生懸命やっている人や管理栄養士を目指している人、心理士を目指している人たちの話は、進路に悩んでいる中高生たちにとって刺激的なものだったようです。年の近い身近な先輩の話は参考になります。

第2回は、秋の「てとてと広場」でブースを出店。(ぼくは全国メガソーラー問題シンポジウムと重なったので朝の準備のみ)ポップコーンの販売と中高生にアンケート、諏訪圏域の高校の情報をまとめた「教えて!リア高」を配布しました。進学先の高校を選ぶのに偏差値だけではさみしすぎます。高校別の学食や修学旅行、盛んな部活などを知ってもらって、たのしい高校生活をイメージしてもらいたい。そんな思いでつくりました。なかなか好評だったようです。

そして今回のクリスマスパーティー。てとてと広場でのアンケートでクリスマスパーティーはダンスや音楽をたのしみたい!といった声が多かったので、ウッドベースやギターを弾いてくれる大人も参加。子どもたちはたのしそうに踊っていました。あ、メインのあんかけラーメンはぼくのリクエストです。

手伝ってくれる大人も増えてきました。このまま多世代の交流の場になればと思っています。できたら常設の。。。

次回は春ごろの予定。よかったら遊びに来てください。

Leave a Reply