霧ヶ峰の地質の特徴から四賀メガソーラーを考える

信大理学部特任教授の小坂先生による講演会に参加してきました。
お題は「霧ヶ峰の地質の特徴から四賀メガソーラーを考える」
主催は「米沢地区Looopソーラー対策協議会
小坂先生には、境メガソーラーの折には大変お世話になりました。

小坂先生の専門は地質学。長野県に来て50年、真っ先に調査をしたのが霧ヶ峰から美ヶ原高原にかけて10年近く歩き回ったそうです。霧ヶ峰の地質の関しては一番詳しい地質学者といえるかもしれません。

霧ヶ峰の地質の特徴は、火山活動の産物である溶岩などの噴出物でできており2000m近い高地にもかかわらず、比較的新しい時期の溶岩が広く分布しているため日本でも特異な溶岩台地の地形。この辺りは昔から鉄平石の産地なのですが、この鉄平石も代表的な溶岩だそうです。

さて、小坂先生はLooop社が出した調査結果に対し問題を指摘しています。

1、ボーリングが計画地内のみ16本。溶岩層の広がりを知るうえで不十分
2、掘削深度が10m程度と浅く、溶岩層の累重関係を知るうえでは不十分
3、断面図は、縦方向をかなり誇張して作成した模式図でしかない
4、計画地から大清水水源方向への断面図がない
5、地下水の流れについて根拠データが示されていない
6、断面図に誤りがある

Looop社は調査結果から、水の涵養域を狭く限定的に考えていることや、計画地内の地下水の流出方向も限定していることを問題視し、Looop社の調査資料をみても、計画地から大清水湧水へ水が流れていないとは判断できないとしました。
大清水湧水は、たくさんの人が生活水として利用している大切な湧水です。

また、横河川や桧沢川の下流は扇状地が形成されているため、地震や豪雨による斜面崩壊は将来必ず起こると考えるべきでメガソーラーの建設はリスクを大きく高めるものとして警告をしました。

最後に防災についての4つの考え方を示していただきました。
まずは自然の成り立ちを正しく理解すること。生まれ育った大地、住んでいる土地に科学の目を向けなければなりません。そして「自然災害」についてもよく知ることです。特に過去の災害事例は謙虚に学ぶ必要があります。3番目に「災害」を恐れること。技術を過信せず、制御不可能な自然の力を恐れる必要があります。最後に「自然災害」に、長期戦略を立て、短期戦術で備えることが必要だと教えていただきました。

やはり、防災や飲み水、景観、どこからみても、あんなとこころにメガソーラーをつくることは良いことがありそうもありません。

米沢地区Looopソーラー対策協議会では、反対署名を募っています。
現在、3万6000ぐらい集まったとか。

ネットでも署名集めているようです。
もうじき締め切りです。
よかったらご協力お願いします。

ネット署名 → 土砂災害が日本中で起きているのに…。 絶対にいらない!長野県 霧ヶ峰
        高原の下 大自然の中に超大規模ソーラー発電所!

Leave a Reply