諏訪圏域子ども応援プラットフォーム全体交流会

諏訪圏域子ども応援プラットフォームでは、今年一年、こどもたちの安心できる居場所”信州こどもカフェ”の普及のため視察や勉強会、ワークショップを開催してきました。次の日曜日は一年の締めくくりの全体交流会を開催します。
基調講演は、子ども食堂の名付け親「気まぐれ八百屋だんだん」の店主近藤博子さんをお招きします。

近藤さんは、居酒屋だった店舗で八百屋を始めたところ、その場所が居場所となり、人々の交流の中から「こども食堂」を始めることになったお話をしてくれます。以前、佐久市での講演を聞いたことがあるのですが、非常に心に響くものがありました。

以前の記事   こども食堂「気まぐれ八百屋だんだん」

いま、子どもたちに必要なことは何か。
なぜ、子どもたちに居場所が必要なのか。

近藤さんの話には、多くのヒントがあると思います。
ぜひ、多くに方に聞いていただきたいです。

講演後は、諏訪地域で「こども食堂」を開催している団体を交えて、諏訪地域での現状や課題、これからをパネルディスカッションを通してみなさんと考えていきたいと思います。

ぜひぜひ、参加お願いします。

Leave a Reply