暮らしのごみが海を汚す

クリーンアップふじみ(富士見町廃棄物減量等推進協議会)では「暮らしのごみが梅を汚す」と題した勉強会を開催します。

日時:3月24日(土)13:00〜
場所:富士見コミプラ大会議室

講師:小島あずさ氏 一般社団法人JEAN 副代表・事務局長
一般社団法人JEAN http://www.jean.jp/

いま、日本の海岸が大量の漂流ゴミが問題となっています。
講師でお招きした小島あずささんの著書「海ゴミ〜拡大する地球環境汚染〜」によると、海上で投棄されたゴミは2割程度で、8割は陸上から排出されたゴミだそうです。最も多いゴミが、硬質プラスチック、次が発泡スチロール、3番目がタバコのフィルター。

以前見たBS世界のドキュメンタリー「海の消えたプラスチック」では、分解されないプラスチックゴミが「マイクロプラスチック」となり海中に漂っている。そのマイクロプラスチックは藻やプランクトンの餌となって食物連鎖の一部と化していることが紹介されていました。
ぼくたちが日々、生活の中で排出しているゴミが、地球環境に多大な影響を及ぼしているのです。

クリーンアップふじみでは、海洋ゴミの現状と問題を通してゴミの減量について考えるきっかけとして今回の勉強会を設定しました。
多くの方の参加お待ちしております。

Leave a Reply