「富士見町境地区におけるメガソーラー発電設備設置についての意見書」提出


*4月21日信濃毎日新聞

境メガソーラーを考える有志の会で富士見町と県諏訪地域振興局に「富士見町境地区におけるメガソーラー発電設備設置についての意見書(都留文科大学特任教授内山恵美子先生)」を提出してきました。

町長には、渡すときだけいてくれればいいよと伝えたのですが、どうしても説明が聞きたいとのことでしたので、一時間かけてしっかり説明をさせていただきました。もちろん、ぼくが説明したわけではありません。水理地質学はとても難しく、不圧層や被圧層、ダルシーの法則など、なんとなくはイメージできるけれど、説明まではできません。会のメンバーの詳しい人が説明してくれました。

町長は、それまで企業側の説明を信じていたのですが、メンバーの説明に納得。建設予定地は涵養域だということを認めました。新聞記事では「町の資料として生かしたい」と控えめなコメントとなっていますが、実際はもっと、湧水の上の溶岩地帯を守っていく!と、力強い発言でしたよ。これまでだって、何回も説明してきたんですけどね。

企業側の説明は、素人からみても矛盾が多いのですが、もっともらしく説明されると、そんなもんかな。と思ってしまうものです。計画が中止になって、冷静に聞いてみて、おかしなところがいろいろ見えてきたようです。

意見書の説明は難しいので、意見書の結論をそのまま書き出しておきます。

 5,結論

 以上、申し述べたように、大泉・小泉は主に大滝社溶岩・葛窪溶岩に浸透し流動している地下水が湧出しているものと考えられます。葛窪溶岩に上に堆積している佐久ローム層も透水性が良好ですので、その表面を除去し設備を建設することは、湧水量の減少を引き起こすことが懸念されます。また、減少した浸透量の分は切掛沢へ放流されるため切掛沢の流況が変化し、豪雨時の土砂災害の危険性も高まることも心配されます。
 水環境にまつわる時間サイクル、特に降水浸透から湧水までは時間がかかるため、水質や水量にトラブルが生じるとその修復には膨大な時間と経費が必要となります。火山山麓の湧水は日本が世界に誇れる貴重資源ですから、科学的な裏付けのもとに地下水流動を把握しての保全管理が必要です。地下水流動経路に関わる開発計画には慎重に期するべきと考えます。

企業側のおかしな説明は、以前のゴルフ場開発のときの環境アセスの評価書によるもので、これまでこの地域の水象の基本となるものでした。それを覆す資料が町に保存されるということは、かなり価値のあることだと思います。

内山先生の意見書にも書かれているように「火山山麓の湧水は日本が世界に誇れる貴重資源です」。水の惑星と言われている地球ですが、淡水は2,7%しかありません。水資源は次世代に引き継ぐべき貴重な財産です。この湧水は守っていくことが大事なことだと思います。太陽光パネルは太陽があれば、どこでも発電するのですから。。。

さて、これで2年間近くにわたる「境メガソーラーを考える有志の会」の活動は終了とさせていただきます。
これまで、ご支援、ご声援ありがとうございました。

Leave a Reply