北杜市の太陽光発電施設の現状

北杜市の太陽光発電施設の現状に基づいた勉強会を開催しました。
北杜市は全国的にも日照時間に恵まれ、太陽光発電施設の法整備が甘いため乱開発に悩まされています。その設置数は隣の富士見町の比ではありません。
下記は北杜市太陽光発電を考える市民ネットワークの方が作ったマップです。

スクリーンショット 2015-12-01 19.45.56

北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク代表の中哲夫さんに富士見に来ていただき現状を話してもらいました。
一部紹介します。写真は全て市民ネットワークさんのものです。

スクリーンショット 2015-12-01 17.43.04

やっぱり土砂災害はあるようです。

スクリーンショット 2015-12-01 17.44.27

太陽光発電は普及のため、建築物に当たらないため許可申請が入りません。
大雨による影響をまったく考慮していない事例です。

スクリーンショット 2015-12-01 17.44.52

北杜市の景観に憧れて移住したのにソーラー発電に囲まれてしまった事例です。

スクリーンショット 2015-12-01 17.45.05

オナー制の発電施設。発電事業というよりも金融商品となってしまった事例です。

img015

北杜市の状況はフライデーでも取り上げられてしましました。

.
.
.

行政に相談しても私有財産には踏み込めないとの回答。そのため条例を作る運動をしているが、行政指導はしているの一点張り。全然効果ないじゃないかと話は平行線でしたが、ここにきて漸く山梨県でガイドラインが策定されました。
しかしガイドラインでは強制力もなく、いくらでも骨抜きになってしまう恐れがあると危惧しているそうです。

また、売電価格は下がっているが、パネルの値段も下がっており、まだまだ普及の動きは止まっていないそうです。たしかにネットを見ていると、オーナー制の発電施設の広告をよく見ますね。というか以前より増えている感じがします。

富士見町は、私たち有志の会が議会に請願を出し否決されましたが、行政側が再生可能エネルギー発電設備の設置に係るガイドラインを策定しました。
これにより2000㎡以上の太陽光発電施設は富士見町環境保全条例の対象になります。他地域に比べかなりハードルの高い条例ですが、完全に食い止めるのは難しいことです。

日本では私有財産による経済活動に非常に甘く、環境保全は二の次になっている気がします。ヨーロッパと日本の違いを環境法に詳しい方に尋ねたところ以下の3点を挙げました。

・法整備が甘い
  農地は厳しいが、なぜか林地は緩い。調整池を作ればだいたい開発が許可されてしまう。

・土地のゾーニングができていない。
  たとえば、境メガソーラーの建設予定地は水源涵養値として保護されていなければならな
  い。

・市民力が弱い
  住民が、自分達が住む環境を守ろうという意識が低い。

太陽光発電は決して悪いものだとは思っていません。しかし住民の生活を圧迫するような建設はして欲しくはありません。自然ネルギーは地産地消、地域の活性化の視点で進めなければいけません。

さて、北杜市の市民グループは、これでも市民力で6件の太陽光施設を止めたそうです。
これはすごいこと。

あれ、おかしいな。と思っていても声に出さなければ、そのまま進んでしまします。
行政にばかり頼っていても食い止めることはできません。
おかしいと思ったらはっきりと意思表示をする。そんな市民力が大事なんだなと改めて思いました。

Leave a Reply