太陽光発電施設の環境アセス

10.22長野日報-(1)
10月22日 長野日報

茅野市長がまちづくり懇談会で、霧ヶ峰に計画されているメガソーラー(約200ha 90MW)は環境アセスに取り組むべきとの考えを示したと新聞報道にありました。

これまで太陽光発電施設は環境アセスの対象ではありませんでしたが、9月県議会で長野県環境影響評価条例の改正が可決され、太陽光発電施設もアセスの対象となりました。
規模は平地で50ha以上、森林で20ha以上で施行は1月13日です。

しかし施行される1月13日の時点で林地開発の許可が下りていれば環境アセスの対象にならないので、茅野市長は、環境アセス逃れのために拙速に計画を進めることなく環境アセスに取り組んでほしいことを、敢えて意思表示したものと思われます。

境のメガソーラーは28haなので、もちろん対象規模。
茅野市長と同じことに危惧した「境メガソーラーを考える有志の会」は先日、県林務部と諏訪地方事務所林務課に要望書を提出してきました。みんな考えることは同じようですね。

林地開発の許可の条件に住民説明会を行うこととありますが、レノバ社は関係集落に対する説明会は一巡はあしているので、一通り説明会が終わったとして林地開発の申請を行ってしまう可能性はあり、「住民説明会は終わっていないので、まだ林地開発の許可をしないでほしい」との要望書です。

林地開発に必要な住民説明会は同意までは求めていないが、住民からの声として一応受け取っていただきました。
関係集落に約束した2回目、3回目の説明会も終わっていませんし、ぼくたちと約束した全町民対象の説明会も終わっていません。レノバ社も「地域住民の合意を得られるまで丁寧に説明し、疑問に答えていきたい」と新聞記者に答えています。(10.10信濃毎日新聞)
レノバ社も住民説明会は終わっていないとに認識と信じています。

林地開発の申請は、事前相談→事前協議→本申請 の流れで行われます。
新聞報道によると霧ヶ峰のメガソーラーは事前協議に入っているようですが、境のメガソーラーは現在事前相談の段階にあるます。規模も大きいし住民の関心も高いので、事前協議は時間がかかりそうですね。本申請は80日以内に手続きを終わらせることになっていることからも、林地開発の許可は1月13日以降になりそうです。

土砂災害警戒指定区域で、生活水にも使われている湧水がすぐ近くにあります。
せめて環境アセスぐらいはやってほしいと思います。

.
.
.

                          平成27年10月15日
長野県林務部長 塩原 豊 殿

                     境メガソーラーを考える有志の会
                      代表 佐久祐司  

        境メガソーラー事業について、住民説明会が終了するまで
           新地開発の許可をしないことを求める要望書      
    
 私たち「境メガソーラーを考える有志の会」は、レノバ社が計画している富士見町境におけ
るメガソーラー事業について、疑問や不安を感じている富士見町民が集まり結成した有志の会
です。レノバ社の計画は、土砂災害警戒指定区域にあり、生活水として活用している湧水の近
くということ、そして28haもの森林を皆伐するということで富士見町民の多くの方が関心を持
っております。私たち有志の会が7月に開催した勉強会には、約100名の参加者があり、その
関心の高さが伺えます。
 現在、近隣集落への説明会を行っていますが、説明が不十分として再度説明会を求め、レノ
バ社も再度の説明会を認めています。また、私たち有志の会との約束である全町民対象の説明
会も行われておりません。県執行部におかれましては、説明会が終わるまで林地開発の許可を
しないことを強く求めます。

                      記
 
レノバ社が進める境メガソーラー事業について、住民説明会が終了するまで林地開発の許可を
しないことを要望します。

                                       以上

                                          

Leave a Reply