戦後70年談話について

戦後70年の安部首相の談話が閣議決定されました。
予想していたような国粋主義的なものではなく、注目されていた「心からのおわび」「痛切な反省」「侵略」などの言葉に触れていること、また、「深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはならない」と、女性に言及していることは評価できる点だと思います。

しかし、多くの人が人が指摘しているように、自分の言葉ではなく歴代内閣の引用として語っていることに、説得力が感じられません。
思いのほか安保関連法案の国民世論の評判が悪く、妥協したものになっているのでしょう。
だから50年談話60年談話に比べ、やたら長く言い訳がましいものになってしまったのだと思います。
結果的に何が言いたいのかよくわからないものになってしましました。

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。

との言葉と、新たに集団的自衛権を容認して戦争に参加しやすい法改正は、大きな矛盾があります。
日本は憲法9条のもと、戦後70年間戦争に参加せずにこれました。
アメリカに押し付けられた憲法だとの指摘もありますが、朝鮮戦争のおりアメリカから9条改正を迫られた吉田政権はこれの抵抗しました。この時点で、自らが憲法9条のもとの平和国家を容認したことになったと思います。

いま、国会では多くの憲法学者が違憲であると非難している安保関連法案が審議されています。
憲法9条は、理想論とか、現実の脅威を見ていないなどの批判もありますが、この憲法9条のおかげでアメリカの戦争にまきこまれなかった事実は認めるべきで、集団的自衛権の名のものとに朝鮮、ベトナム、グレナダ、イラク、アフガンなど多くの戦争をしてきたアメリカとは雲泥の差があると思います。

安保関連法案に対し、様々な団体や個人が反対の意見を述べはじめてきました。
SEALDsなど、若者たちが声を上げ、国会周辺では毎日のようにデモや集会があります。
このようなことは今までなかったことで、多く人が政治家任せではなく、自分たちが行動を起こさなければ社会は変わらないことを認識した表れではないでしょうか。

気軽にデモに行ったり政治の話ができるようになれば、社会は変わります
近くでデモがあったら、まずは参加してきな臭い空気を払拭しましょう。

8.22の諏訪総行動は、ジャンベ使ったりして若い人たちも参加しやすいものも考えています。
ネットで騒いでるだけじゃ社会は変えられませんよ。ぜひ、この機会に参加してください。

Leave a Reply