落選しました。

開票結果はダントツの最下位でした。
応援していただいたみなさま、ぼくの力不足です。
申し訳ございません。

これまでの4年間の議会は、ある意味 小林一彦 vs 佐久祐司 だったと思います。
小林一彦氏を2期目の町長に選んだのも民意ですし、佐久祐司を落としたのも民意です。
この事実は素直に受け入れたいと思います。

ただし、これまでの4年間の議員として、言いたいことを言ってきましたし、議会のない空いた時間に行ってきた市民活動は、間違っていたとは思いません。
ぼく自身は正しいことをしてきたと自負していますので、悔いのない活動ができたと思っています。

今回の開票結果を見ると町長派が多数を占め、今後5対5に分かれることは無いでしょう。これからは町民のみなさんの議会や行政への監視が益々必要になってくると思います。

希望もあります。
今回の選挙で若い人たちが町政について関心を持ち始めたことです。ぼく自身はもともと政治家に向いていませんので、今後は彼らの指導に当たっていきたいと思います。

しばらくはお休み。この先の生き方を模索していきます。
いままで応援していただいた方に感謝です。
ありがとうございました。

Leave a Reply