3月議会 テレワークについての質疑

新聞にも報道されましたが議会の初日、町長が議案説明で僕たちが出したチラシに対し以下の発言がありました。

先般、名取武一議員と佐久祐司議員により1,5億は早急に取り返す案がないから反対であるということを全戸に配布された。
若者が年に100人ずつ減り、30年経つと3000人になる。テレワークの目標は3000人を減らさず、現状を保つための仕掛け。
一人200万円は生活費その他の経済効果があり、これが3000人だと60億円。今ある消費が60億円減るというものをリカバリーするということが目的。この1,5億円は、プレミアムインセンティブで呼び込むための投資だと考えている。その見返りは60億円の減少を防ぐこと。
この2名は、この1,5億は無駄だから今の福祉に使ってしまえ、そうしないと無駄遣いだ。と言っているが、このテレワークは他でも競争しており富士見町を選択してもらうための最小限の投資だと考えている。
ビラでは1,5億を福祉に回せと言っているが、これは今さえよければいいという考え。
富士見町を愛し、この現状を打破し、このまちを次世代に素晴らしい形でつなげていきたい。したがってこの予算案について良識ある判断をお願いする。方法が間違っているなら代案をだし、納得のいく議論をしてほしい。

.
.

2日目の質疑でも、このチラシについてブツブツ文句を言っていました。
大人しい表現だったかなと思っていただけに、こんなにインパクトを与えているとはちょっと驚きです。
以前出したメガソーラー反対のビラに比べれば、ずいぶん謙虚なビラと思うのですが…

町長の熱い思いを伺ったので、いくつか質問をしてみました。

・当初予定していた落合小学校は2億円もかかるので諦めたとの説明だったが、蓋を開ければ2
 億7000万円。まったく理解ができません。

・50人規模のオフィスを作って、どうして3000人もの人口をリカバリーできるのか、まった
 く理解できません

・この事業を行うことで人口がどのように増えていき、税収がどのように増えていくか。この
 事業を行わない時と比べたものを示してほしい。

町長・・・落合小学校での2億円は過小評価だった。落合小を改修した場合、2億円の2~3倍かかる。いずれ3000人がテレワークでやってきた場合、サテライトを他にも作るのか、ホームオフィスで対応していくのかはこれから検討していく。
できるだけ新築が増えるとか、空き家を改修してホームオフィスが増え空き家・廃屋が減少するような状況が望ましいが、今後の展開は1年経過してみないとわからない。
サテライトオフィスがもう一つ必要になった場合、候補としては落合小学校を考えている。落合小学校にかかる改修費用に関しては、回収できる事業計画を立てていく。

今後10年先のビジネスプランを出せと言われても1年間のトライアルをモニターして、その評価結果で事業計画をつくっていくので、今出せと言われても出せない。

2,7億円と大きなこと言っているが実際に町が出すのは1,5億円。可能性として毎年100人が定着して10年で1000人減る若者の7割をリカバリーできるという事業。そのことをチャレンジするかどうかということを議会で検討してほしい。
可能性はあるがコミットはできない。しかし諸般の状況から判断して検討してほしい。

.
.

国庫補助の1,2億円も僕たちの税金なので、1,5億円ではなく2,7億円と考えるべきだと思います。
この2,7億円はトライアルで、可能性はあるがコミット(約束)はできないそうです。
ん〜、億単位の事業をこんなにざっくりとした計画で進めるものなんですかねぇ。

同僚議員が面白い質問をしていたので紹介しときます。

・実際の改修費用は1億9600万円。改修面積が1F、2F合わせて687,69平米。
 1平米あたり28万5000円、坪単価だと94万円になる。
 設計事務所が出している単価表をみると、鉄筋コンクリート造り/RC作りで坪単価約80万
 円。高層マンション等のSRC、鉄筋鉄骨造りで約88万円、今回のサテライトオフィスは木
 造であり、相場よりも随分高いのではないか。

担当課・・・改修にあたっては古いものを外し、新しいものを取り付けるなど特殊な事情がある。また暖房設備がないので新しく設置するため割高になった。

町長・・・都会の人達は六本木、赤坂等のオフィスで働いており、その人達が働きやすいような内装やレストランにした。

.
.

この日はテレワーク構想に対する質疑がたくさんでまして、新聞報道によるとテレワークだけで1時間半もかかったようです。しかしいくら質問しても疑問ばかりが残ります。

このテレワーク構想は総務経済常任委員会に付託、13日の委員会審査で話し合われます。

2 Responses to “3月議会 テレワークについての質疑”

  1. いたちのいっちゃん Says:

    質問された内容はもっともだと思います。
    事業の収支計画や将来性の予測なしで、こんな大金を使うつもりだなんて…ひどいです。

    町長は、血税をなんだと思っておられるんでしょうか?
    議会では、こんな話がなされているんですね…びっくりです。
    傍聴に行きたくても、なかなか仕事を抜けられないことがあるので、情報アップしていただき、ありがたいです。
    100人かける30年とか…この机上の空論のねずみ算は、いったい何でしょうか?
    現実とは乖離していて、理解不能です。

    定住するということは、その町の福祉が充実しているとか、教育がいい、とか…そういう魅力があってこそではないでしょうか?
    最初だけ、美味しい話で釣っても、維持費が無料の期間だけ人が居て、数年後にはいなくなった…で終わり…になるような気がします。

    私のまわりの人も、反対の意見が多いです。怒っている人もおられます。
    どうぞ頑張ってください。

  2. さんきゅー Says:

    ご意見ありがとうございます。
    チラシの反響は大きく、「こんなことに使われるなら税金払いたくない」との意見もいただきました。
    ごもっともですね。

    あの空論のねずみ算は怪しさいっぱいですね。
    経済効果もいいですけど、その先税収がどれだけ増えるのかを説明してほしいものです。
    人口が減少して、税収が落ち込むことをリカバリーすると言っているのですから…

    17日の最終日に向けて、頑張ります。

Leave a Reply