テレワーク構想についての意見広告

この前の全協でテレワーク構想の予算が発表されましたが新聞報道はされませんでした。
このままでは2億7000万円もする大きな事業なのに、多くの町民が知らないうちにスタートする恐れがあります。
そこで共産党の名取武一議員と、本日の新聞折込に以下の意見広告を出しました。

ご意見ありましたらよろしくお願いします。

info@farm39.jp

.
.
.

高原民報+サステナ150301

2 Responses to “テレワーク構想についての意見広告”

  1. いたちのいっちゃん Says:

    いつも町民のためにありがとうございます。
    これまで、この計画について、何となくしか知らなかったのですが、内容を知り、驚き、あきれ、怒りがわいてきました。

    築45年の建物を改造して、オフィスとして与え、100人足らずの人口を増やすのが目的とは…!?
    どう考えても、1億5千万円という莫大なお金をかける価値がある事とは思えません。

    町税1億5千万円をつぎ込んで、収支計画もない…!?
    そんな事業計画は、お話にならないと思います。

    地方自治体の仕事は、住民の福祉の増進のはずです。

    他にもっと必要な事は沢山あり、必要な事にお金をかけて欲しいです。
    教育、子育て支援、医療、介護、障害者福祉、農業振興など…

    できるだけ、傍聴に行きたいと思います。頑張ってください。

  2. さんきゅー Says:

    きのうの質疑ではたくさんの質疑が出ました。質疑の内容を聞いているとこの計画に反対なのでは?と思わせながら、実際の採決行動は賛成にまわるといった議員もいます。

    町民が関心を持っているということを知らせることが大事。
    できるだけ多くの町民が傍聴に来てくれたらと思います。

    頑張りますね。ご意見ありがとうございました。

Leave a Reply