不用食器リサイクル、開催しました。

DSC01392

なかなか、タイミングが合わず報告が遅くなってしまいましたが、1年がかりで取り組んだことなので報告させてください。

10月の中旬のことですが、不用食器リサイクルを開催しました。
準備までのことは以前のブログを参照してください。

この日は天気も良く、たくさんの人が訪れてくれました。
9:30スタートでしたが、9:00には人だかり。
一時はどうなることかと思いましたが、10:00を過ぎた頃から、人の流れは落ち着いてきて、だいたい100名ほどの人がお皿を持ってきてくれました。
年4回、役場前で資源物のフリー回収を行っていますが、その時もだいたい100人ぐらいなので、そんなもんかなという感じです。

DSC01381

主催はクリーンアップふじみです。
クリーンアップ富士見は、ゴミの減量のため町内のいろいろな団体で構成しているため、結果たくさんの団体で開催することができました。
この日参加した団体は

 ・クリーンアップふじみ
 ・連合婦人会
 ・消費者の会
 ・更生保護女性会
 ・食生活改善推進協議会
 ・社協ボランティア連絡会
 ・衛生自治連合会
 ・NPO信州協働会議
 ・富士見町議会
 ・役場生活環境係

30名近いスタッフで対応です。
ちなみに、ぼくはNPO信州協働会議としてクリーンアップふじみに参加しています。

持って来ていただいた不用食器は、白モノ、柄モノに分け、汚れがあるものは洗います。
以外と汚れているものが多く、洗うのに苦労をしました。
汚れているとリサイクルには回せません。

松本消費者の会の方からは、持ってきた人と一緒に洗うと来年は綺麗なものを持てきてくれるから、なるべく一緒に洗う方が良いとのアドバイスをいただいていましたが、一度のたくさんに人への対応と、洗い場が少し奥まったところにあったため、一緒に洗うことはできず、結構な労働になってしまいました。
来年への課題です。

DSC01418

回収している横では、まだ使えそうな食器を並べ「もったいない市」の開催です。
スタッフや食器を持ってきた人同士で、交流の場ができました。
本当はリサイクルではなく、全部リユースできたら良いのですが…

DSC01389

この日集まったのはフレコンパック7袋、2,9tです。

アンケートの一部抜粋です。

・年に一回くらいしてほしい。
・気持ちよく出すことができました。また、続けてほしいです。
・リユースコーナーがあることで、再利用できるシステムがとても良いと思います。
・町で初めての取り組みということで、いろいろ大変だったと思います。
・今はなるべく欲しいと思っても買い控えていますが、これまでの食器を有効に利用してもら
 えるということで、出しにきました。良かったです。ありがとうございました。
・一人になり、使用しない食器が多かったので、整理できて良かった。
・これからもこんな機会をぜひもっていただきたいと思います。

みなさん、よろこばれたようで良かったです。
参加したスタッフも、楽しかったのでまた来年もやりたいとの話になりました。

また、行政側の協力には大変助かりました。
地域をつくっていくにには町民が主導となっていくことが大事ですが、町民をサポートする行政の役割は大きいと思います。
町民ができること。行政ができること。お互いの強みがうまくマッチングしたところに「協働」の良さが出るのではないでしょうか。

今回の事業は、ゴミの減量化、市民団体と行政の協働、交流の場作りと多くの効果があったように思います。
「まちの活性化」は、こういった活動をあっちこっちで行うことが大切ですね。

 

Leave a Reply