不用食器リサイクル団体交流会

IMG_0187

不用食器リサイクル団体交流会に参加してきました。
家にある不用の食器を捨てることなく、美濃焼の産地土岐・多治見市へ搬入しリサイクルにまわす活動です。
この活動は合併前の波田町から始まって、今では松本市、塩尻市、安曇野市、池田町、白馬村、山形村に広まっています。

この取り組みを知ったのは、みどりネット信州の勉強会
そして社会文教常任委員会に提案し、富士見町議会で土岐・多治見市へ視察に行ってきました。

この日は、取り組みをしている自治体の交流会でしたが、特別ぼくにも声がかかったので参加。たいへん興味がある取り組みなので、各地域の実際の活動の話が聞けてとても良かったです。

まだ始めて1、2年のところが多いので、それぞれ模索しながら実施しているようで、食器の持ち込みを一人みかん箱2つとか3つとか、回収時間も朝から1日だったり2時間だけだったりいろいろです。

ポイントはリユースコーナーをつくること。
良さそうな食器はリユースコーナーに置いて、自由にもっていってもらうようにします。塩尻市では2割はリユースにまわったそうです。
リユースコーナーがあることで話も弾み、食器を通してコミュニケーションが生まれるといいます。

松本市は量も多いため、運送費の他に処分費用も負担(他の自治体は運送費のみ)していて、自治体職員の話によると、通常の処理費とトントンだが、最終処分場の延命、ゴミの減量、そして地域の活性化のためには、実施すべき事業とのことでした。

この日の参加者は各自治体とも、行政職員・市民団体・議員の3者での参加。
行政主体ではなく、市民団体主体の方が成功しやすいそうです。

いろいろ大変なこともあるようですが、ボランティアに参加した人たちは、口を揃えて来年もまたやりたいと笑顔で話します。

ゴミの問題というよりは、食器を通しての”まちづくり”の側面が大きいようです。

Leave a Reply