26年・3月議会の一般質問・通告

今回の一般質問は2つのテーマを取り上げました。

1,子どもの育ちを支えるるしくみについて

①子どもたちの自己肯定感の低さが問題となっている。自己肯定感を高めるための取り組みについて、どのように考えているか

②去年3月、一般質問で「子どもの権利条例」についての意見交換の場をつくるとの答弁だったが、その後進捗状況は

③平成25年制定されたいじめ対策推進法には、教育委員会、学校の役割があるが今後のどのような取り組みをしていくか

④子どもたちがいじめや暴力から身を守るためのCAP(子どもへの暴力防止プログラム)の導入について検討すべきではないか

   答弁者   教育長

.
.

以前も紹介しましたが、子どもたちの自己肯定感の低下が問題になっています。
このことを軸に、子どもたちの育ちをどのように支えていく考えかをテーマに考えています。

④のCAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、こどもたちがいじめ、痴漢、誘拐、虐待、性暴力 といったさまざまな暴力から自分を守るための人権教育プログラムのことです。                    〜HPより抜粋〜

.
.
.

2,災害時の情報提供について

①現在、災害時の町民への情報提供はどのような仕組みで行われているか

②2月の豪雪災害時に近隣市町村に比べ、行政からの情報提供が少ないとの指摘が多いが、どのように考えているか

③2月の豪雪災害での情報提供での課題は何か。また今後の対策は

   答弁者   町長

.
.

2月の豪雪災害は、除雪のことや食料のこと、多くの課題があるように思いますが、まだ全容がわかっていない事もあり、災害時の情報に焦点をしぼりました。
大雪だけではなく、地震や大雨など多くの災害に共通する課題でもあり、今回の教訓を生かした今後の災害時の情報発信についてがテーマで、このことは多くの方から取り上げてほしいと言われました。

.
.

ぼくの一般質問は3月10日 9:00~
トップバッターです。

他の議員の質問はこちら。
http://www.town.fujimi.lg.jp/uploaded/attachment/10181.pdf

3月議会は3月6日から始まります。

Leave a Reply