再スタートです。

年末の火災は大変お騒がせしました。
公職としての責任から議員辞職を考えていましたが、後援会・支持者との意見をまとめることが出来ず年明けまで保留、1月6日の仕事始めで議長・議会事務局に議員を続けていく旨報告をしました。

火災が起こった直後は感情的になっていましたが、3棟全焼という大きな火事を出し地域の方をはじめ多くの方に迷惑をかけたことや、なによりも焼けだされた人を出したことの責任は重く、いくら重過失がないとはいえ公的な職に就く者として辞任をするべきことと考えました。
ちなみに人身事故で辞める議員はいます。この火災でけが人は出ていませんが、一人の人の生活を奪ってしまうというのは同等なことだと思います。

このことを多くの人と話をしましたが

 ・しょうがないね。
 ・しょうがないけど、このままがんばって。
 ・それってやめなきゃいけないことなの?

大きく分けると、この3つの意見で割合は同じぐらいでした。
火事を出すというのは大変なことというイメージでしたが、人それぞれ感覚は違うようです。今回の事は議員を辞めることではないという考えまでにはなりませんが、いろいろな意見に分かれるのなら後援会や支持者の意見を尊重し、議員をつづけていくことにしようと思います。

現在、洋服や冷蔵庫、電子レンジなどの生活必需品は、いろいろな人から提供していただき、また多くの人からのカンパなどで新しくアパートを借り新生活が出来るようになりました。

このブログも友達がカンパを集めて買ってもらったもので書いています。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

みなさんの暖かいご支援に対し、今のぼくは議員を続けていくぐらいしか出来ないようです。
今回の事で地域の大切さや、人とのつながりの大切さを身をもって知ることが出来ました。また選挙のときに仕事の合間を縫って手伝ってくれた人たちの思いなど、忘れかけていた大切なことを思い出すことも出来ました。

この経験を議員活動や市民活動に活かしていきたいと思います。

こんなことを書くべきではないとも思いましたが、このことを書かなければ前へ進まないと思いました。
これからもがんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

Leave a Reply