副町長の選任について反対をしました。

本日より9月議会です。
8月の選挙で小林町政も2期目となり、それに伴う副町長の選任について追加議案として上程されました。

副町長に提案されたのは前矢島町長の副町長であった名取氏です。
また名取氏は前回の町長選に出馬が最後まで噂されていた人です。

なんか変だと思いませんか。

ということで以下の質問をし反対をしました。

1、小林町長は前々回の選挙で矢島町長にNOを突きつけ、選挙に勝ち政権についた。その矢島町政のNO2の名取重治氏を副町長に任命することは不自然ではないか。そのような人事でうまくいくのか疑問。

町長・・・矢島町政のなかで町を良くしてきた手腕は評価できる。その実力・行動力は2期目の町政には必要。
前々回の選挙は反矢島で戦ったが、選挙直後のしがらみはもう消え去っており問題ない。

2、名取重治氏は最後まで町長選に出ると噂されていた人物です。密約があったと思うのが普通だと思うが、なんらかの取引はあったのか。

町長・・・そのような取引は一切無い。
あくまでも人物本位でお願いをした。

3、無かったというが、多くの町民は何らかの取引があったんじゃないかと想像すると思われます。町民感情を考え、不信感を与えるような人事をするべきではないと思うが。

町長・・・取引は無かったので答えようが無い。

人事案件は質疑はありますが委員会付託、討論は省略されるので、このまま採決です。

  8対2   賛成多数で副町長の選任について同意となりました。

人事案件に対して議員がいろいろ言うべきではないという意見はあると思います。
また名取氏の人物や能力を否定するものでもありません。

しかし多くの人が?????と思うような人事に対しては、めんどくさい奴と思われようが一言述べておかなくてはいけません。
ぼくたちは町民のみなさんの声を届けるのが仕事ですからね。

.
.

きょうから始まった議会、18日まで続きます。

Leave a Reply