教育の予算が大きく削減された平成25年度一般会計予算

きのうで3月議会が終わりました。
3月は来年度(平成25年度)の予算を決める議会です。

来年度の予算は64億7000万円。小林町政になってから一番規模が小さい予算です。

予算委員会では担当課から詳しい説明を受け、厳しい財政状況のなか、どの課もなんとかやりくりをしているというのが感じられました。

なかでも教育に対する予算は

・児童福祉費 1,305万4000円減
・教育総務費  293万9000円減
・小学校費   884万5000円減
・中学校費  1,611万5000円減

町長の教育にお金を使っているという発言は嘘っぱちなのだ。

子ども課所管の大幅に削減された予算について、本会議のなかで反対や消極的賛成として意義を申し立てる議員がいたことには納得です。

富士見町の財政はけっして裕福ではありません。
山のてっぺんにお花畑を作ったり発電事業で一儲けしようなんていう余裕はないのです。

今年も一般会計予算、観光施設貸付特別会計予算に対し反対をしました。
パノラマに多額のお金を投じているからです。

・観光施設貸付特別会計貸付  1億4000万円
・観光戦略構築事業        2400万円
・観光施設貸付事業        5000万円

パノラマに自立してもらうために町は10億の貯金を使いました。
これ以上なぜ多額の支援をしなければいけないのでしょうか。

基礎自治体としてやらなければいけない一般事務はまだまだたくさんあります。
「教育のまち」を進めなければいけませんし、高齢化社会に対応していくため、社会保障にますますお金がかかるでしょう。

財源のないところに予算を立てられません。
これ以上パノラマにお金を使うことに反対です。

平成25年度一般会計予算は7対3で可決されました。

Leave a Reply