第3セクターは何故いけないか

町民説明会で町長は第3セクターの説明で
第3セクターは自治体がやる事に対して県も神経尖らせています。しかしこれに関しては非常に安全な事業です。とゆうことでご理解いただいております。」
と答弁。

これに対し9月議会で佐久議員が言ってた事と違うじゃないか、もう一度県に問い直して議場で公表して欲しい。との意見が出ました。

9月の議会で僕が発言したというのは、町長が県からいかにもお墨付きをもらったような説明をしているので県市町村課に問い合わせ、一般質問で公表した事です。

県の回答は

町がどのようなご説明をされたかは存じませんが、市町村課としては、
国の通知等に基づき、新たな三セクの設立につきましては慎重であるこ
とに変わりはありませんし、当該事業に対して「お墨付き」を与えては
おりません。

7月11日の町からの説明時には、事業を行うか否かは町及び町議会
のご判断でありますので、そのためには、当然、住民、議会等の十分な
理解が必要としたまでで、その際にお配りいただいた資料を拝見した限
りでの疑問点等を指摘させていただたものと認識しております。

ということで「今回の事業は安全だから大丈夫」なんて言っているわけではないんだよね。

さて2日の臨時会、いつまで待ってもその事に触れないので聞いてみました。
町長の答弁は

「県の答えは法律で禁止されている事ではないので、許可とかそういう問題ではなく話し合い、議会と町民のみなさんの賛成を得てやって頂きたい。」

やっぱり安全だなんて言って無いじゃんね。

総務省も県も新たな3セクの設立に対しては慎重な姿勢です、平成21年度「第3セクター等の抜本的改革等に関する指針」という通達が県、市町村に通達された。
「3セクの何が悪いんだ」とよく発言している町長にはあきれてしまいます。

3セクの問題は責任の所在が不明確、事業の中身が不明瞭、公が関わることでの事業の甘さにあると思います。今回の事業は始まる前からその悪いところが目立ちます。

県内でもっとも大きな借金を抱えているパノラマスキー場、そして土地公の失敗。それを返すために3セクで発電事業。誰が聞いてもうまくいくとは思えない。過去の失敗から何も学んではいない。

ぼちぼち時間なんで議場に向かいます。

Leave a Reply