地域防災計画

もうひとつの一般質問は地域防災計画についてです。

地域防災計画について
①東日本大震災を経て県地域防災計画の見直しが終了したが、富士見町地域防災計画の見直し はどのように考えているか。
②県防災体制では原子力災害への対応が新たに設けられたが、町の災害計画に入れる予定はあ るか。
③県は物資輸送、情報アクセスなど防災拠点として「道の駅」を整備する事を考えているが、 町の考えは。
④県の「避難所マニュアル策定指針」等指針の改訂では女性や要援護者への配慮が加えられて いるが避難場所の運営についてどのように考えているか。

町の防災についての対応は、県・国の修正にあわせて全面改訂と訓練の充実。
facebookを使った安否確認も考えており、それも取り入れた訓練も行っていく。
その他、携帯用の防災マニュアルの作成、いざと言う時に一目でわかる家庭用のポスターの作成も考えている、冷蔵庫や壁に貼ることを想定している。

意外にも原子力災害は町の防災計画に取り入れるとのこと。ヨウ素剤の備蓄のことを聞いてみたが、ヨウ素剤が何か伝わらなかったため、今後検討するに留まった。議会が終了後、担当課長がいろいろ調べてくれました。一錠35円、薬局で備蓄して3年で更新する必要があるそうです。今後マニュアル改訂時に考えていくとのこと。

情報アクセス、物流拠点は道の駅を第一拠点と考えていく。

女性や要援護者に配慮した「避難所マニュアル」は全面採用。

地域防災計画はこれから見直しがされるもの。問題があっての指摘ではなく、迅速に正しく進めるよう一般質問で取りあげました。一年以内に見直しの完了を目指しているそうです。

県防災計画  
    http://www.pref.nagano.lg.jp/kikikan/bosai/keikaku/23syusei/index.htm

要援護者防災・避難所マニュアル
    http://www.pref.nagano.lg.jp/kikikan/bosai/keikaku/23syusei/bosaihinanmanual.pdf

Leave a Reply