予算審査特別委員会で産業課の予算に対し反対しました。

一般質問の次の日、予算審査特別委員会が開かれました。
一般質問のとき、東急リゾートはパノラマだけでなく町全体の相談にのってもらっている。とのこと。
ちょっとまてよ。町にはABCというコンサルがいるではないか。東急リゾートには2400万円、ABCには580万円(緊急雇用創出 特産品販路拡大)
全部でコンサルに3000万円も払っているのだ。東急リゾートがパノラマだけでなく、町全体見るならABCはいらんでしょ。3000万円もコンサルに払う効果はあるのでしょうか?

産業課
ABCさんは特産に特化して相談にのってもらっている。それなりの効果はある。

昨日聞き忘れたので聞いてみました。パノラマ植栽事業について沢山の質問を用意していたのだが、ひとまず他の人に譲り、後で質問しようと思っていたら時間切れで終了。なんちゅうお粗末な会議。じっくり審査するための特別委員会なのに。。。

質疑できないまま討論。植栽事業に反対の立場で反対討論

1、2000万円投資した効果が見えない
  予算の中の2000万円は大きい。有効な使い方をするべき。」

2、事業計画に疑問がある
  カタクリなど適地でない植栽が多い。

3、観光戦略として間違っている。
  生物多様性、持続可能な社会と云われている今、時代に逆行している。
  ぼくは山のてっぺんにお花畑なんか見に行かない!

4、外来種を植えることは環境破壊だ
  プロジェクト会議のお墨付きだと行っているが、メンバーの意見は反映されていない。

町の有識者で構成されるプロジェクト会議はみんなボランティア。メンバーの意見が通らないなら議会が止めるべき。

ぼくたちは震災を経てお金よりも大切なものがあることを知ったはずだ。目先の経済性で入笠山の自然を破壊してはいけない。

結果は賛成6反対3 惨敗です。

Leave a Reply