1村1自然エネルギー

正月の各新聞は自然エネルギーの記事ばかり。なかでも1村1自然エネルギーの記事にはぐっと来た。
なんだか世の中変わったね。

こうも急激に自然エネルギーばかり取りあげられると戸惑ってしまう人もいるんじゃないかな。いま、自然エネルギーに関して2つの動きがある。少し整理して考えてみることにしよう。

まずひとつは孫さんの”電田プロジェクト”でおなじみの自然エネルギーへの企業進出だ。長野県もメガソーラーマッチング窓口を設けている。
http://www.pref.nagano.jp/kankyo/ondanka/megasolar/index.html

自然エネルギーへのシフトは必要だけど、これじゃ東電や中電が他の企業に変わるだけで体質そのものは何も変わらない。都会で使う電力を都会の企業が田舎の資源を利用する。地方にメリットはなさそうだ。東京都環境局の谷口信雄氏はこの状態を”エネルギーの植民地”と言っている。

それともうひとつの動きは、エネルギーの地産地消だ。
町や企業、市民団体が集まって自然エネルギーの設置を考えたり、お金を出し合ったりして、自分たちのエネルギーを自分たちの手で作り上げる事。大きな発電所だけではなく、この地区は日照もよく土地が空いていればソーラー。この地区は小川が近くにあるから小水力。小さな単位でいろいろな発電システムがあったら災害時の対策にもなるよね。それに自分たちで自然エネルギーを作り出せばエネルギーの事をもっと考えるようになるし、自然の事だってもっと考えるようになる。自分たちの生活を見つめ直して省エネにもつながると思うんだ。

自分たちの使うエネルギー、なるべく自然に負荷をかけないクリーンなエネルギーを使いたいね。

Leave a Reply