Bee ポタジェ

普段はIT事業家の酪農家に堆肥をわけてもらった。
んー、たのもしいね。
これぞ、半農半X。

しばらく放ったらかしにしていた、この畑。
草を刈って、堆肥を播いて、耕してから”みつばちガーデンに生まれ変わるのだ。
2週間前から準備をし始めて、ガーデンづくりの直前にもう一度耕したいと思っていたのだが、いつもより早い梅雨入りで雨降りの毎日。ヒヤヒヤしたけど前日から快晴。なんとかギリギリ間に合った。

前回の富士見高校のみつばちガーデン同様、SAMDAYの板村さんの設計によるガーデンづくり。いつものようにおらほーの会、ハッチ・Bee・8、みつばちパートナーが集まっての作業。200坪ほどある畑にみず糸を張って、いろんなハーブや野菜の苗をを植えていく。

このみつばちガーデンの名前は”Bee ポタジェ”
ポタジェというのはガーデニングの手法で、野菜やハーブを混植、そこから収穫してスープなんかを作ったらしい。ポタージュの語源でもあるんだ。でもここでは葉物の収穫はしないのだ。だってみつばちの蜜源を作るためのガーデンだからね。この植えたレタスだって、とうが立って花が咲く。レタスの花って見たことある?

おぉ!おしゃれ。
とても不耕起栽培やってる人の畑には見えないね。今日植えたのは、レタスやブロッコリー、ズッキーニ、トマト、ラベンダーやわすれな草、フェンネル、チャイブ、その他いろいろ。
これからたくさんの花を紹介していくよ。みつばちがきてくれてたらいいね。

この日のことはハッチ・Bee・8のみんなも紹介しているよ。
こっちもみてね

Leave a Reply