twitterの可能性について

いま、twitterやfacebookが急速な勢いで広がっている。
災害にも強かった。
最初twitterを始めた時、いったい何が面白いのかわからなかったよ。
他人が眠いだの、寒いだの聞きたくもないし、ましてや自分がつぶやくことの意味すらわからない。
でも面白いんだよね。
ではいったい、twitterの何がいいのだろうか?

やはりそのコミュニティの広さと情報の多さだろうな。それに新聞やテレビ、既存のメディアとネットでは叫ばれている事の乖離がある。そこには生徒会的正義感ではなく、なにか正しいものがそこにあるような気がするんだ。
自分で気軽に情報を発信できるからかもしれないな。
今までのメディアは受け身でしかなかった。自分で情報を発信するようになって情報リテラシーってやつが身についたからかもしれない。
自分たちが情報を発信する事で世の中が変わる。そんな事も思わせるtwitter。
中東の革命の発端はfacebookだ。
twitterを使ってどんどん情報を発信していこう!

僕たちはハッシュタグを作った。

  #fujimi39

このハッシュタグを使って魅力あるまちについて発言していこう。
 
  こんなことしたら良いまちになるかも!
  まちづくりのためにこんな事したいな!
  こんなことしたら楽しいまちになる!

地域は富士見に限りません。
近々にこのサイトでも見ることができるようにします。
みんなで地方を元気にする方法。考えていこうよ。

Leave a Reply