当選証書付与式にいってきた。

先日当選証書付与式へ行ってきた。
これで正式に議員になることが決まったんだ。
付与ってなんだ。広辞苑第5版によると
 
 【付与】 さずけ与えること 
 【授与】 さずけ与えること

なあんだ、一緒じゃないかあ。もっとわかりやすい言葉を使おうよ。

任期は5月1日から4年間。
まず連休明けから新人議員の研修会。
中旬に臨時会。議長を選挙したり役員決めたりして、6月に本会議。

下諏訪、原、富士見は無投票。各地の投票率も軒並み低い。
震災、原発で関心が薄いのもわかるけど、一番は政治不信だよね。きっと。
だいたい議員なんて普段何やってるかよくわかんないもんね。
だからどんどん情報を流していくよ。blog、twitter、facebook。
まあ、それぞれどう活用していくかは、まだわからないけど、それでNetのなかでも議論の場ができるといいな。
 もしかしたら議論の場はfacebookがいいのかもね。

何年か前に有機農業の先輩に政治参加を進められたけど、
 じつは有機農業には政治好きのこわい人が多いんだ
政治では何も変わらない。僕は一人ひとりが正しいと思うことをやるだけだ。なんて答えていたんだよね。もともとアウトサイドの人間だし…
 ダークサイドじゃないよ。アウトサイドだからね。
でも、いろいろな市民活動を通じて僕たちが動くことで何か変わるんじゃないか。僕たちが発言することで少しは良くなるんじゃないか。そんな事思うようになったんだ。

この場が意見交換の場になればいいな。
一杯飲みながら”管はダメだな”なんて言ってるのは誰でもできる事だ。
まずは思った事、考えた事、どんどん発言して欲しい。
もちろん富士見じゃなくても大丈夫。
みんなで、よいまちづくりって何か考えていこうよ!

2 Responses to “当選証書付与式にいってきた。”

  1. Says:

    地方の少子高齢化は深刻で今後さらに小さい自治体の財政は厳しいものになりそうです。
    それでも若者が戻ってくる自治体も少なからずあります。
    富士見町もそうなれるよう、頑張ってもらえたらと思います。応援しています。

    追伸、全国の「町」の人口推移で伸びている自治体も分かります。参考に。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%94%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E9%A0%86%E4%BD%8D

  2. さんきゅー Says:

    ほんとだ。増えてる自治体けっこうありますね。
    富士見は0.5%減か…

    そうですね、一度は出て行ってもまた戻ってきたくなるような魅力ある町にしなくてはいけませんね。
    農業の第6次産業で雇用の創出。
    NPOなどによる協働のまちづくり。
    やる事いっぱいあるな。ご協力お願いします。

Leave a Reply