二元代表制とは。

一元代表制というのは内閣のことだ。選挙で選ばれた議員で組織する国会の中から選ばれた、首相が内閣を組織して国会に責任を持つ。だから与党と野党にわかれ議論するんだな。

それに対して地方議会というのは二元代表制。首長と議会の両方が住民の選挙で選ばれる。ということは、当然議会はオール野党になるはずだ。首長と議会が議論を尽くし妥協点を見つけて、より良い政策を決めていく。

ところが現実の議会はただの追認機関。機能不全のいらないもの。片山総務大臣は今の地方議会を「八百長と学芸会をやっている」と言った。橋下大阪府知事は議員内閣制を取り入れようとしている。でも住民に対する信頼回復の努力を置き去りにして、制度を変えるだけでは、何も変わらないよね。
制度も大事だけど、まずはどうしたら住民の意見が反映されるかを考えなくてはいけない。

それには徹底した情報開示。
議会は中継した方がいいな。はずかしいけど…
それと議会が終わった後、重要な政策は住民懇談会で議員が説明するべきだ。
賛成したとか反対したとかじゃなくてさ、自分たちが通した政策を責任もって説明するんだ。そうすれば責任感もでるし、勉強もするし、いいと思うけどな。

それでも住民がその情報になんにも反応しなければ、何も変わらない。
あの議員が良いだの、悪いだの言ってるだけじゃ何も変わらない。

地方自治とは首長と議会と住民の三つどもえで行わなければいけないのだ。

Leave a Reply