太陽の子

その花はパンジーに似たかわいらしい花だ。
今、ほうずきの花が満開。
バディアス農園さんから来た苗は太陽のひかりを浴び元気に育っている。
バディアス農園さんは、このほうずきに”太陽の子”と名づけた。
良い名だ。
夏の日射しを受け甘酸っぱい実になる。まさに太陽が育てているんだよね。

花が終わると実になる。この実が褐色に変わったころ収穫かな。
最初に花が咲いてから55日だそうだ。
ということは収穫が始まるのは9月の中旬ぐらい?

”太陽の子”ときくとすぐ思い浮かべてしまうものがある。灰谷健次郎の”太陽の子”だ。この夏、もう一度読んでみた。いつ読んでも胸が熱くなるよね、この本。

沖縄から神戸にきた一家はおきなわ料理の店”てだのふあ・おきなわ亭”を開業。

 ”てだは太陽、ふあは子
 てだのふあはふうちゃんのことなんや。
 太陽の子ふうちゃんというわけよ。
                な、おっちゃん。”

神戸にきたとき、お腹の中にいたふうちゃんは6年生になっている。”てだのふあ”にやってくる常連にかわいがられながら、すくすくと元気に育っている。でもふうちゃんは次第に、そのやさしさの影に大きな哀しみがある事に気づくんだ。

本当の優しさって何だろう。
みんなを苦しめている沖縄って何だろう。

戦争が終わって30年。それでもみんなを苦しめている沖縄。
ふうちゃんは封印することなく、事実と向き合うことで、みんなを理解しようとするんだ。

”わたしをかわいがってくれる人は、わたしをかわいがってくれる分だけ、つらいめにあってきたのだということが、このごろのわたしには、なんとなくわかるのです。だからわたしはいっそう、みんなのことを知りたいのです。知らなくてはならないことを、知らないで過ごしてしまうような勇気のない人間に、わたしはなりたくありません。”

ひさしぶりにテレビを見ると今の小学生は終戦記念日を知らないと言っていた。
ほんと?
もしそうなら、せめて戦争を経験した人がいる間、伝えていかなければいけないんじゃないかな。

ことしも8月が来た。
暑い日はつづく。

Leave a Reply