出穂

暑い日はつづく。
この厳しい暑さも稲にとっては良いことのようだ。
今年はどこもお米が豊作になるんだろうな。

8月に入り、まわりの田んぼが次々に穂が出るのを横目に
まだかまだかと焦っていたこの田んぼも、ようやく穂が出そろったようだ。

穂が出そろったのは13日頃。去年この辺は15日に穂が出たというから
他よりは遅いけど、去年よりはちょっぴり早いのだ。
あれだけ遅くに植えたのにねえ。

畦を歩くと水の跳ねる音がする。
カエルが水に飛び込む音だ。
ちゃぽん、ちゃぽん。一歩踏み出すごとに音がする。 

音をたてているのはカエルだけじゃなさそうだ。
すぐに隠れてしまうので、なかなか見ることができないが、いろんな虫や小動物が住み始めた。
有機農業で田んぼをやっていると、年々生態系が豊かになっていくのがわかるんだって。
それは楽しみ。ビオトープの誕生だ。

いや〜 それにしても良かった。
このままいけば、なんとか収穫できそうだね。
今年の秋はおいしいお米が食べられるかな。

Leave a Reply