富士見サステナ研究会は元富士見町議佐久祐司と持続可能な社会を考える会です。

最近の記事

九州電力・太陽光発電出力制御へ

10月 15th, 2018

九州電力は、13日~14日に太陽光発電の出力制御を行いました。需要に比べ電力の供給のほうが大幅に増える恐れがあるということで、太陽光発電事業者の一部に電気の供給を一時ストップを要請するものです。 電力の需要と供給のバラン […]

»続きを読む

茅野市で全国メガソーラー問題シンポジウム開催

10月 10th, 2018

10月8日全国メガソーラー問題シンポジウムが茅野市民館で開催されました。 開催すると決めたときはすでに2か月を切っており、300人の会場が恥ずかしくないように200人以上参加があれば。。。ぐらいの気持ちでスタートしたので […]

»続きを読む

全国メガソーラー問題シンポジウム

9月 27th, 2018

10月に茅野市民館で「全国メガソーラー問題シンポジウム」を開催します。 環境活動をしている高田造園設計事務所の高田宏臣さんと、諏訪地域でメガソーラーの問題に取り組んでいる人たちと繋がり実行委員会形式での開催です。 日時: […]

»続きを読む

諏訪地方での松枯れ

9月 20th, 2018

*8月31日長野日報 8月の終わり、岡谷市で松くい虫被害が確認、新聞各紙で大きな記事で紹介されました。 長野日報記事 → こちら 記事によると岡谷市内のアカマツからマツノザイセンチュウが検出されたということです。現在、松 […]

»続きを読む

週刊東洋経済9/15号

9月 14th, 2018

今年の夏は猛暑に続いて、日本各地で自然災害の脅威に見舞われました。 北海道の地震では、一時、全域で停電。未だに完全に復旧していないどころか、長期にわたって節電が呼びかけられている状況です。   土砂災害などの災害の上、生 […]

»続きを読む